院長紹介

ごあいさつ

院長の写真 こんにちは。かなずみクリニック院長の金住直人(かなずみ なおひと)です。
私は、平成元年に名古屋大学を卒業後、小牧市民病院の研修医としてここ小牧の地で医師としての第一歩を踏み出しました。市民病院での基礎研修の後15年あまり勤務医としておもに消化器外科、乳腺外科、一般外科に携わってきました。その後、大学教官として肝・胆・膵外科を中心に教育、診療、研究に従事してきました。近年、医療技術の進歩に伴って医療の専門化、細分化が進み、大学病院のような病院では自分の専門分野以外は診ないのが現状です。やがて人を診ずして病気を診るというような風潮に疑問を感じるとともに、身近なかかりつけ医として地域医療に貢献したいという思いが芽生えてきました。また、かねてよりかかりつけ医は外科医が最適だろうと思っていました。なぜなら、外科医はがんの手術を行ないますが、がんの患者さんは高齢者がほとんどであるため、高血圧や糖尿病、高脂血症、心臓病などの病気や、腎臓や肝臓、肺などに障害をかかえていることが多くあります。その場合でも手術前から手術後まで、患者さんにとって一番体に負担のかかる時期に適切な全身管理を求められるのが外科医なのです。外科は内科の知識があって初めて成り立つのです。そんなわけで、これまでの外科医としての経験を生かし身近なかかりつけ医として、自分を医師として育ててくれた小牧に恩返しすべく、小牧市久保一色に「かなずみクリニック」を開設いたしました。お子様からお年寄りの方まで誰もが気軽に、安心してかかることのできるクリニックにしていくことが私の夢です。この街の平均寿命を延ばしたい、この街に笑顔を増やしたいとの思いで、スタッフ一同真心を込めて努力いたしますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

略歴

平成元年3月名古屋大学医学部 卒業
平成元年5月小牧市民病院 研修医
平成2年5月小牧市民病院 外科 医員
平成7年7月名古屋大学医学部 第2外科 医員
平成11年10月岡崎市民病院 外科 部長
平成16年4月名古屋大学医学部画像情報外科学寄附講座 助手
平成17年4月名古屋大学医学部附属病院 消化器外科二 助手
第2外科ユニット医局長兼務(〜平成21年3月)
平成19年4月名古屋大学医学部附属病院 消化器外科二 助教
平成21年7月医)梅田アンドアソシエイツ
平成24年5月かなずみクリニック 開院

資格

  • 医学博士(名古屋大学)
  • 日本外科学会 指導医、専門医、認定医
  • 日本消化器外科学会 指導医、専門医、認定医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本医師会 認定産業医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療 認定医
  • 麻酔科標傍医

所属学会

  • 日本外科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本乳癌学会
  • 日本大腸肛門病学会

研修

  • 臨床研修指導医養成講習会 修了
  • 緩和ケア研修会 修了
  • ジオン注四段階注射法講習会 修了
  • かかりつけ医認知症対応力向上研修 修了

かなずみクリニックのロゴマークの由来

かなずみクリニックの目指す“お子様からお年寄りの方まで誰もが気軽に、安心してかかることのできるクリニック”をイメージして院長自身がデザインしました。

マークの由来

ページの先頭へ